工人祭り

Img_1025

Img_1027

車を走らせ、お次は金山町へ。
天然の炭酸水が沸いている場所があるのです。

かなり前にテレビで観て以来、ずっと気になっていた場所。
炭酸水の看板が見えてきた。
なんだか、かわいい。。。
井戸から自分で汲み上げて。
鉄分少々キツいが、炭酸水!!

帰ってから無印行ったら、ここの天然炭酸水をペットボトルで
販売していて、びっくり。鉄味は消えていた。

Img_1030

Img_1041

そして憧れの三島町の工人祭りへ!!
籠の陶器市みたいなもので、地元の年配の籠職人さん達がテントを出して
籠を売っているお祭り。

以前から行ってみたくて、念願叶っての訪問。

かごかごかご〜!!かと思いきや、ガラスや木工、陶器まで
いろんな作家さんが出していて、少しがっかり。
益子の知り合いの陶芸家さんも出してた。

無事、欲しかった竹の籠もゲットして、今回の戦利品。
曲げわっぱに籠のバッグ、籠のお弁当箱に木彫りの器に押し寿司の型も!!
うれしいなあ〜。


| | コメント (0)

会津へ

Img_1021

Img_1024

旅づいている今日この頃。
出産して、しばらく旅なんて行けないわあなんて思っていたのだが、
車の旅ならけっこう行けるもので。

今回は南会津、工人祭りへの旅。
まずは檜枝岐村。尾瀬の入り口にある小さな集落。

夫の両親が若い頃デートで曲げわっぱを買いにここに来たそう。
福島の曲げわっぱの産地。私たちも勿論購入。

各地に伝わる民芸品をその場所を訪ねて買うのってすごく好き。
使ってる時もこれはあの時にあそこで買ったんだよなあって思いながら使って。

写真の場所は檜枝岐村に伝わる野外の歌舞伎の場所。
階段が客席になり、階段の上には小さな神社がある。
ものすごく雰囲気のあるかっこいい場所で
いつか是非見に行ってみたい。

お次はからむし織の里、昭和村。
苧麻の皮を糸にして織るからむし織り。

雪の上で織物をさらしてる写真が本当に美しかった。
雪深い場所で周りの道が冬期通行止めになるから
絶対見れないのだろうけど。

右の写真は昭和村の木造校舎。
もう使ってなくて取り壊しがきまってたそうなのだけど、
映画に使われたりとかで、残すことになったらしい。

古い建物を残すのは大変だけど、なるべくなら残っていくといいなあ。
旅は続く。


| | コメント (0)

鎌倉ぶらり

Img_0974

Img_0981

Img_1003

久しぶりの鎌倉。
目的は鎌倉近代美術館でやっている柚木沙弥郎展。

まずはお昼を逗子のイタリアン、トラットリア・ラ・ヴェルデにて。
子連れでも安心なレストランはすごく助かる。美味しいし。

続いて、ブーランジェリーエスにてパンを買い込む。
そのままパクパクつまみながらお散歩。
バゲットに大納言の入ったパンが劇的に旨っ!!

久々の逗子だし、イタリアンデリ&食材のお店、タントテンポまで足を伸ばす。
こんな店が近所にあったらいいのになあ。
オリーブやドライフルーツ、ハムやチーズ、美味しそうなものがギュッと詰まったお店。
パニーニを買って、分けて食べたのだが、この日のナンバーワン!!
また食べたいなあ、あれ。

鎌倉、逗子界隈は美味しいお店が多くて羨ましい。
はたまた食い倒れ。

授乳中の今、食べる物に制限はあるものの、
本当に沢山食べれるから普段小食の私はうれしい限り。
下手したら、夫と同じくらい食べてる。。。
そして、卒乳したあかつきには激太りしそうで怖くてならない。

鎌倉に戻る途中、海岸が出てきたのでテンションあがって浜辺へ。
海無し県栃木っ子の息子、初めての海にビビっておりました。

沢山の水なんて、お風呂と川しか知らない息子。
脳みそがついていかなかったんだろうなあ。

そして海辺の強い日差しに10分やそこらあたっただけで
赤いぷつぷつ出来てた。肌弱。。。

柚木さんの展示はすごく良い展示でした。
行けて良かった、本当。

展示されてた布のコラージュで構成された絵本、『夜の絵』を購入。
静かに胸に響く大人の絵本。

| | コメント (0)

開運堂

Img_0947

Img_0954

松本市内の老舗のお菓子やさん、開運堂。
和菓子と洋菓子のお店。

なんとロールケーキとカステラのパッケージデザインを
染織家の柚木紗弥郎が手がけているのです!!

パッケージ欲しさに購入。かわいい!!
さすが柚木さん!!

ロールケーキも懐かしい感じでおいしくいただきました。

隣の写真は道祖神の形の和三盆と小豆でできた落雁。
グッときます!!センスいいわあ、開運堂。
美味しいし。


| | コメント (0)

ちひろ美術館へ

Img_0915

Img_0921_2


長野の旅、翌日は安曇野+松本へ。
まずはこの旅、第一の目的、安曇野ちひろ美術館へ。

豊な緑に囲まれたステキな美術館。
平日なのに混んでいる。
地方にある美術館で平日のこの混み具合ってすごい。。。
ありました。
お食い初めセット!!
大きなガラスケースに入り、立派です。
すごーい!!うれしい。

Img_0913


益子の作家さん、
KINTAさんの作品もありました。
しろくまちゃんと息子。

ちひろ美術館の今やっている
アンソニーブラウン展もおもしろく、
夫は息子に絵本を買ってました。


その後、安曇野のわさび園でわさびを買いつつ
松本のこれまた有名なおやきやさん、坂田菓子舗でおやきを買う。
野沢菜、小豆、野菜、ひじき胡桃。。。いろは堂とはまた違った美味しさ。
食い倒れてます。

Img_0924

松本にて蕎麦を食べつつ、憧れの松本民芸館へ!!
創設者、丸山太郎が集めた世界各国の民芸品が所狭しと並んでいる。

『美しいものが美しい』丸山の言葉。
本当にそうです。
丸山が集めた実直な生活に根ざした美しいものを見ながら、心に響く。

Img_0925

Img_0926

今回の御朱印帳。
善光寺如来さまと思わず最後のページに
押してしまった松本民芸館スタンプ。

本気で御朱印帳集めている方には怒られそうですが、
お寺も民芸館も私にとっては同じ大切なもの。
同じ聖地巡礼です!!

いい御朱印帳になっていきそうです、うひひ。


| | コメント (0)

長野へ

Img_0901_2

Img_0898_2


長野に家族で行ってきました。

長野インター辺りでどしゃぶり。
とりあえず、行ってみたかった鬼無里へ。
鬼が来ないほど美しい土地と言われているところ。

深い山にぐんぐん入り、雨も上がり晴れてきた。
本当に美しい。ドライブ楽しすぎる。

狙いのおやきやさん、いろは堂のおやきのめちゃくちゃ美味しくて
夫と二人で食べまくる。そば粉のもっちりとした生地。
ハマりました。お取り寄せしてしまうであろう。

そして憧れの善光寺へ。
一生に一度は善光寺詣で、と江戸時代さながら。
勿論門前で蕎麦を食べ。

特別公開の山門の上の文殊菩薩に息子は一生懸命話しかけていた。
内陣の雲に乗った小さな菩薩達もキラキラ輝きながら、極楽よりお出迎え。
善光寺、すてきでした。

Img_0904_2

Img_0905


泊まったのはアルプスの麓、安曇野の北の大町。
ホテルの周りの景色がヤバい。
360°山。緑の山の奥に雪山。
美しい。山桜は満開で。

良い季節に長野に来た。
旅は続く。

| | コメント (0)

京都・綾部へ

Rimg0025

Rimg0027

Rimg0029

Img_0172

京都の旅最後の日は綾部のうどんやさんに嫁いだ
友人のを訪ねて。

京都駅から電車に揺られて2時間弱。
山はどんどん深くなり、車窓から見える景色は緑一色。

若かりし頃は青春18切符でよく電車の一人旅をしていたのだが、
最近は、めっきり。久しぶりの電車旅。

駅から15分程車で走り、のどかな景色。
栃木から行っても驚くくらい。

友人の嫁いだ竹松うどん店のご主人は香川で修行後、
2年間日本全国うどん行脚の旅を続け、綾部に戻り、
今は自分たちで店舗を作りつつ、仮店舗で営業もしています。
かなり気合いの入ったうどん職人。
詳しくはコチラ 竹松うどん店blog

益子でも何度かごちそうになっているのですが、
今回もまた。うまかったです〜。もりもり食べました。

関西に行くことあったら、また行かねば。

帰りに京都駅で食べた中村藤吉のかき氷。
宇治にあるお茶やさんのカフェです。
抹茶シロップとほうじ茶シロップのハーフ&ハーフ。
ほうじ茶シロップがヤバすぎる。。。
旨すぎて感動。


| | コメント (0)

ぶらり京都

Img_0155

Rimg0034


翌日の朝、京都に向かう。
大学時代の友人が結婚をして、京都に住んでいるのです。

彼女と待ち合わせ、ちょうど東寺の弘法市だったので行ってみました。
前回弘法市に行ったのは7、8年前。
しかも今回と同じその友人と京都旅行をして行ったのです。
まさか次に弘法市に来る時、彼女が京都に住んでいるとは!!
人生分からんものです。

今回の弘法市は出ている店舗の半分くらいが着物の古着やさんで、
私もやはり、ついつい買ってしまいました。
だって壷柄の着物ですよ!!!
買わずにはいられません。
陶芸家ですとおじさんに言ったら、まけてくれました。

Img_0159

Img_0160_3
その後北野天満宮前のとようけ茶屋へ。
あまりの暑さにさっぱりしたものが食べたくて、
豆腐やさんで豆腐御膳を。
うまいですよ、京都の豆腐は。生麩もたまらん。

そして、上京区の古い町家をアトリエにしている
手描染屋の眞水さんのアトリエに遊びに行きました。

益子の陶器市でも毎回出していて、
すごくステキなTシャツや手ぬぐいを作っています。

京都のアーティストという感じのナイスな空間、
小さな裏庭では蓮が咲き、梅干しを干してました。
Img_0165

Rimg0016

Rimg0017

Rimg0020_2


友人宅がずっと行ってみたかった光悦寺の向かい
だということが判明!!
テンション上がりまくり、行きました!!光悦寺。

本阿弥光悦は江戸時代の今でいうマルチなアートディレクター。
多方面に渡り、もの凄いセンスの良さを見せ、本当にすごい才能の持ち主。
茶の湯にも通じていて、すばらしい茶碗も数多く残している。

その光悦がこの地に作った工芸集落、芸術村。
もうそれは残ってはいないけれど、お寺と幾つかの茶室が残っていました。

そして向かいには源光庵。
悟りの窓という丸い窓と迷いの窓という角窓が印象的な禅寺。
気持ちの良い、素晴らしい空間でした。

というなんとも充実した1日でした。
続く。

| | コメント (3)

大阪へ

Rimg0003

Rimg0004

Img_0154
乙女部展示in大阪、無事終了いたしました。
私はteteの営業があったため、最終日の店番と搬出を。

神戸空港を降りると、もわっとした暑さに包まれる。
暑いぞ。。。関西。。。

ギャラリーはカフェの2階にあり、こじんまりとステキな雰囲気。

皆、店番の時は浴衣を着ていたのですが、
私は時間が無かったので、おばあちゃんのちりめんのスカートに
おばあちゃんと母の着物のハギレを縫い合わせて作った
スカートをはきました。

最後の写真は初大阪のたこ焼き。
これで260円なんて、安い!!うまいし。

全員分の搬出を終えて、(人の作品の梱包はものすごい
気を使って、疲れるのです。。。割れ物だしね)
皆、暑さと疲労でぐったり。

夜も遅くなってしまって時間もなく、終わったらお好み焼きでも
食べに行きながら、打ち上げだね、なんて言ってたのも
諦め、お惣菜とビールを買ってきて、部屋で集まったら
スイッチ入り。。。

結局、夜中までガールズトークに花開く。
最近、みんなで集まってお酒飲むなんてことも無くなってしまっていたので、
ついつい。。。

私の関西の旅は京都へと続く。。。

| | コメント (0)

沖縄あれこれ

Rimg0002_3Rimg0006Rimg0019Rimg0021_2
Rimg0024

沖縄あれこれ。

真冬だというのに、本当に暖かい沖縄。
なんと桜満開、桜祭りをやっていた。

長袖の薄手のシャツ1枚で昼間は過ごし、夜に少し羽織るくらい。
春というか、5月くらいの陽気。

冬ごとに沖縄に行きたいくらい。
益子に戻ったときは雪が積もっていて、泣きそうになった。

なぜか山羊を多く見て、軽トラの助手席が山羊という
関東ではなかなか見ない光景に遭遇。かわいすぎ。

そして沖縄の南、南城市に住む友人のマンションから望む海!!
窓を開けると広がる景色。気持ちがよいこと。
これは東京に戻りたくなくなるだろうな。

のんびりとした空気感のもと、レンタカーを走らせ、
北部、中部、南部へと南国を満喫した旅でした。


| | コメント (2)