« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

工人祭り

Img_1025

Img_1027

車を走らせ、お次は金山町へ。
天然の炭酸水が沸いている場所があるのです。

かなり前にテレビで観て以来、ずっと気になっていた場所。
炭酸水の看板が見えてきた。
なんだか、かわいい。。。
井戸から自分で汲み上げて。
鉄分少々キツいが、炭酸水!!

帰ってから無印行ったら、ここの天然炭酸水をペットボトルで
販売していて、びっくり。鉄味は消えていた。

Img_1030

Img_1041

そして憧れの三島町の工人祭りへ!!
籠の陶器市みたいなもので、地元の年配の籠職人さん達がテントを出して
籠を売っているお祭り。

以前から行ってみたくて、念願叶っての訪問。

かごかごかご〜!!かと思いきや、ガラスや木工、陶器まで
いろんな作家さんが出していて、少しがっかり。
益子の知り合いの陶芸家さんも出してた。

無事、欲しかった竹の籠もゲットして、今回の戦利品。
曲げわっぱに籠のバッグ、籠のお弁当箱に木彫りの器に押し寿司の型も!!
うれしいなあ〜。


| | コメント (0)

会津へ

Img_1021

Img_1024

旅づいている今日この頃。
出産して、しばらく旅なんて行けないわあなんて思っていたのだが、
車の旅ならけっこう行けるもので。

今回は南会津、工人祭りへの旅。
まずは檜枝岐村。尾瀬の入り口にある小さな集落。

夫の両親が若い頃デートで曲げわっぱを買いにここに来たそう。
福島の曲げわっぱの産地。私たちも勿論購入。

各地に伝わる民芸品をその場所を訪ねて買うのってすごく好き。
使ってる時もこれはあの時にあそこで買ったんだよなあって思いながら使って。

写真の場所は檜枝岐村に伝わる野外の歌舞伎の場所。
階段が客席になり、階段の上には小さな神社がある。
ものすごく雰囲気のあるかっこいい場所で
いつか是非見に行ってみたい。

お次はからむし織の里、昭和村。
苧麻の皮を糸にして織るからむし織り。

雪の上で織物をさらしてる写真が本当に美しかった。
雪深い場所で周りの道が冬期通行止めになるから
絶対見れないのだろうけど。

右の写真は昭和村の木造校舎。
もう使ってなくて取り壊しがきまってたそうなのだけど、
映画に使われたりとかで、残すことになったらしい。

古い建物を残すのは大変だけど、なるべくなら残っていくといいなあ。
旅は続く。


| | コメント (0)

京都からの

Img_0999

京都に住む友人からのおくりもの。
すごいかわいい帽子が届きました!!

上賀茂神社の手づくり市で見つけたそう。
柄も形もグッときます。

帽子、なかなかサイズも良くて似合うものが
見つけられなかったからすごくうれしい。

京都行きたいなあ。。。。。


| | コメント (0)

鎌倉ぶらり

Img_0974

Img_0981

Img_1003

久しぶりの鎌倉。
目的は鎌倉近代美術館でやっている柚木沙弥郎展。

まずはお昼を逗子のイタリアン、トラットリア・ラ・ヴェルデにて。
子連れでも安心なレストランはすごく助かる。美味しいし。

続いて、ブーランジェリーエスにてパンを買い込む。
そのままパクパクつまみながらお散歩。
バゲットに大納言の入ったパンが劇的に旨っ!!

久々の逗子だし、イタリアンデリ&食材のお店、タントテンポまで足を伸ばす。
こんな店が近所にあったらいいのになあ。
オリーブやドライフルーツ、ハムやチーズ、美味しそうなものがギュッと詰まったお店。
パニーニを買って、分けて食べたのだが、この日のナンバーワン!!
また食べたいなあ、あれ。

鎌倉、逗子界隈は美味しいお店が多くて羨ましい。
はたまた食い倒れ。

授乳中の今、食べる物に制限はあるものの、
本当に沢山食べれるから普段小食の私はうれしい限り。
下手したら、夫と同じくらい食べてる。。。
そして、卒乳したあかつきには激太りしそうで怖くてならない。

鎌倉に戻る途中、海岸が出てきたのでテンションあがって浜辺へ。
海無し県栃木っ子の息子、初めての海にビビっておりました。

沢山の水なんて、お風呂と川しか知らない息子。
脳みそがついていかなかったんだろうなあ。

そして海辺の強い日差しに10分やそこらあたっただけで
赤いぷつぷつ出来てた。肌弱。。。

柚木さんの展示はすごく良い展示でした。
行けて良かった、本当。

展示されてた布のコラージュで構成された絵本、『夜の絵』を購入。
静かに胸に響く大人の絵本。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »